「この5人でSuck a Stew Dryです」を聴いた夜

 

  このブログの最初の記事は『「Gt.フセタツアキ脱退のお知らせ」を知った夜』だった。http://drainage.hatenablog.com/entry/2016/08/11/235609

 

 人一倍文章に憧れがある。けれど、文章が拙いことや文章から語弊を取り除ききれないことへの恐怖も人一倍ある。だから、ずっと、どんな文章も、完結させられずに暮らしてきた。そんな人が衝動でブログをはじめてしまうくらいの、衝撃だった。

 

 少なくない数の終わりや始まりを、目に耳にしてきてはいた。

 何度もライブを観に行き、普段音源もよく聴いているバンドのメンバーの脱退をタイムリーに知ることは、でもはじめてのことだった。

 

 大好きだった5人が、消えてなくなってしまうのかと考えた。

 

 

 

 

 117日間があっという間に過ぎた。昨日のワンマンは観に行くことがどうしてもできなかったので、一昨日のツーマンが私にとって最後のSuck a Stew Dryとなった。

 

 "素晴らしき今日の始まり"で始まり、"ハッピーエンド"で終わったGOOD ON THE REELのステージ。何度も聴いている曲も、はじめて聴く曲も、脳に刻まれろと思いながら聴いたSuck a Stew Dryのステージ。

 全てに『意味付けがしたくなる』良い夜だった。

 

 

 

 

 そして12月7日、フセさんは脱退し、同日をもって活動休止となることをSuck a Stew Dryが今日発表した。

 

 

 

 

 何もなかったかのように続いていくのではなく、きちんと区切られ、終わりを与えられたことがとてもうれしかった。喜びではなくて、安堵の意味で。

 

 篠山さんの『この5人でSuck a Stew Dryです』という台詞が、とてもうれしかった。「5人から1人抜けて4人は止まる」のではなく「5人は止まり、1人は歩き続け、4人は少し休む」のだと思えたから。

 

 

 

 

 例え4人が4人で活動を再開したとしても(、そしてそのバンドの名前がSuck a Stew Dryだったとしても)、それはもうSuck a Stew Dryとは思えない。

 Suck a Stew Dryが更新されることはもう、ないのだろう。

 

 けれど。大好きだった、大好きな、5人は消えてなくならない。残る。残った。

 

 

 

 

 「Suck a Stew Dryで5人で育んできたものを、願わくば捨てないで持っていってほしいです、できればでいいんで」という気持ちも、117日前も今も変わらない。

 

 

 

 

 またどこかで、Suck a Stew Dryだった彼の、彼の、彼の、彼の、彼の、音楽を聴けたらいい。生きて。